台風の通過後にご用心

台風の通過後は、災害に便乗した悪質商法のトラブルが発生しやすい傾向にあります。

住宅の修理などに関して、「火災保険を使って自己負担なく住宅の修理ができますよ!」などと言って、無料点検を勧誘する修理業者とのトラブルが増加しています。

実際にこんなトラブルがありました。

・認知症の父が来訪した工事業者に勧められ不要な屋根修理契約をしてしまった

・台風で自宅の屋根瓦がずれ、見積もりのつもりで業者を呼んだら、屋根にビニールシートをかけられ高額な作業料金を提示された。

・屋根の無料点検後、このまま放置すると雨漏りすると言われ高額な契約をさせられた

・豪雨で雨漏りし修理してもらったがさらにひどくなった

「保険金を使って自己負担なく住宅修理ができます!」と勧誘されても、すぐに契約せず、まずはご加入の保険会社か保険代理店に相談してください。

保険会社や代理店へ連絡する前に、問題のある住宅修理業者や保険金請求代行業者(報酬金は支払われた保険金で対応できると勧誘をしてくる業者)と契約してしまうと、保険金が支払われずに修理代金を自己負担することになったり、解約しようとすると高額なキャンセル料を要求されるなどのトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

当たり前ですが、保険金の請求は「手数料なし」でおこなうことができます。